Twisters 2021 in Shimane
トップ >> ツイスターズ ミニ >> ツイスターズ・ミニ企画 《其の弐》
ツイスターズミニ 《其の壱》

■内容

本大会では次の4つのコンテストを開催します!

(1)パフォーマンスコンテスト(テーマ:なし)

毎年恒例パフォーマー達が舞台上でパフォーマンスの完成度を競うコンテストです。

(2)カラーコンテスト(テーマ:レジェンド)

関西で初登場!指定されたカラー+4色でアート作品を制作しその完成度を競うコンテストです。

(3)アメイジングバルーンムービーコンテスト

1分間でみんなが楽しめるバルーンアート動画を作成し、その完成度を競うコンテストです。

協力:株式会社セガトイズ、(一社)日本バルーンアートデザイン協会
詳細:https://amchannel.top/balloon

(4)バルーンフォトコンテスト(テーマ:ゆめ)

バルーンアート作品を使って“映え”る面白い写真を撮影し、その完成度を競うコンテストです。

■ルール

コンテストは共通ルールと個別ルールの両方を遵守していただく必要があります。
詳細は、下記のデータをダウンロードして内容をご確認ください。

※注意事項

■エントリー方法

<現地開催コンテストについて>

下記の申込みフォームからエントリーをお願いいたします。(10月12日より申込開始予定)

https://forms.gle/ha5c1RviU8d5LKey6

<オンラインコンテストについて>

指定ハッシュタグ付きの投稿をもってエントリーとさせていただきます。

期日内の投稿のみが審査対象となりますのでご注意ください。

■受賞者の発表

23日の18時以降にグラントワ小ホールにて表彰式を行う予定です。
授賞式はオンライン(YouTube Live 又はZOOM配信)で公開する予定にしておりますので、ご参加くださいますようお願い申し上げます。
また、受賞作品は後日ホームページに掲載されます。

■審査員一覧

<現地開催コンテスト審査員>

バルーンシュウ

【審査員名】

バルーンシュウ

プロフィール

日本を中心にエンターテイメントで活躍するバルーンパフォーマー軽やかな指使いから生み出されるバルーンアートのクオリティはパフォーマンスでの人気は勿論、各種パーティやイベント会場の飾り付け、ギフト等も高い評価を得る。バリエーション数はゆうに1000を超し世界でも通用する日本のトップバルーンアーティストとしてパフォーマンス活動を展開している。

大道芸人チャーリー

【審査員名】

大道芸人チャーリー

プロフィール

バルーンのみならず、マジック・ジャグリング・パントマイム・シャボン玉等を織り交ぜた変幻自在のスタイルはいつ何処でどんな場所でも対応可能の独特の世界を紡いでいきます。 今回は皆様の様々な独自のスタイルを楽しみにしています。

松本亜希子

【審査員名】

松本亜希子

プロフィール

1975年生まれ 出身/島根県鹿足郡日原町(現、津和野町)
益田市 鎌手地区在住 絵画教室講師
山口芸術短期大学にて絵画、陶芸、彫刻等を学ぶ。
現在はペン画を中心に作品を制作しています。

大賀肇

【審査員名】

大賀肇

プロフィール

益田マジッククラブ代表/NPO法人ボアソルテスポーツクラブ代表理事

益田マジッククラブを立ち上げ2015年からマジック教室やグラントワでの益田マジックフェスティバルを開催してきました。 地域・保育園などのお祭りや敬老会などにマジックで華を添えています。

伏谷季敏

【審査員名】

伏谷季敏

プロフィール

益田商工会議所青年部 令和二年度会長
(株)三友防水 代表取締役

市石見神楽神和会

【審査員名】

市石見神楽神和会

プロフィール

益田市内の12社中でつくる市石見神楽神和会

石見神楽とは. 島根県西部の石見地方に古くから伝わる伝統芸能。 昨年日本遺産に認定されました。 代表的な神楽社中の集まりである神和会より代表が1名審査させてもらいます。

<オンラインコンテスト審査員>

風船使いたけむぅ~(Takeshi Nishimura)

【審査員名】

風船使いたけむぅ~(Takeshi Nishimura)

プロフィール

1985年生まれ/大阪市出身/尼崎在住/一般社団法人バルーンアートデザイン協会 代表理事

2018年にツイスターズに初出場し初優勝を収め、2019にツイスターズ実行委員長を務める。

2020年日本バルーンアートデザイン協会の代表理事に就任。 プロデューサーやコーディネーターとしての実績も多く、バルーンアートの可能性に挑戦し続けNHK、大手新聞各社、ラジオ番組などから取材を受けている関西を代表するバルーンアーティスト。

梶山亮(BALLOONNAART)

【審査員名】梶山亮(BALLOONNAART)

プロフィール

2016年からバルーンアートを始める。 2019年頃から変形したり、動かせたりするバルーンアートの技法を模索し始める。 SNSを中心に話題を集め、現在Instagramのフォロワーは2万7千人以上。 メキシコのテレビ番組unoでInstagram投稿作品が複数紹介されるなど世界的に注目を集めている。

風船の魔法使いエリサ

【審査員名】風船の魔法使いエリサ

プロフィール

風船の魔法、それはバルーンアートで笑顔を広げるチカラ。

バルーンアート動画は世界各国で視聴され、総再生数は約100万回。

初めて作る人に「できた!」という体験をして欲しいという気持ちでお届けしています。

代表作品動画 https://www.youtube.com/watch?v=lj8pZRxyDqE